団塊世代
団塊世代の方々を対象に「儲かる・稼ぐ・運用する」情報を提供します。団塊世代の強みは、多くの退職金を手にすることができること。セカンドライフを仕事で暮らすか、趣味で過ごすかはあなた次第です。
スポンサードリンク

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
団塊世代の稼ぐ仕事
2008年12月09日 (火) 17:56 | 編集
団塊世代の儲かる運用方法では、配当利益による経済的余裕を生み出すことが重要と述べました。
そうすれば、配当利益と年金を組み合わせて、生活に支障のない収入を得ることでき、仕事をするにも、仮に収入が少なくても好きな仕事に集中できます。

退職後の再就職では、一般的に給料は新卒程度に抑えられるようです。今までの仕事が自分が好きな仕事であれば、継続しても良いでしょう。

今までの仕事が好きではなかった人は、思い切って趣味を仕事にする考えもあります。
好きなことをしている時は、仕事効率はかならず良くなりますし、ストレスがたまりません。

元手がかからずリスクが少ないのは、インターネットを通じて情報を提供したり、ネット通販です。ネット通販をするにも、受注生産にすれば、在庫リスクもなくなります。
重要なのはリスクが少なくニッチ(需要が少ない)なことに絞り込むことです。今はインターネットでニッチな情報でも手にすることが出来ますから、それを逆手にとるのです。

元手がかからず在庫もいらないのが、インターネットビジネスの良いところ。団塊世代の方のビジネスにもおすすめです。
スポンサーサイト
団塊世代の儲かる運用方法
2008年03月31日 (月) 05:56 | 編集
団塊世代の人は、退職金等の余剰資金が豊富にあります。ここでいう余剰資金というのは、退職した直後のことで、長い老後を暮らしていくと考えた場合は余剰資金とは言えないかもしれません。
団塊世代の人が退職すると、今までの貯金+退職金+年金で生活していくことになります。
一度の多くのお金が入る退職金をどう使うかで、退職後の生活が変わってきます。
退職金の儲かる運用方法とは、ずばり投資です。退職金を元手として、株式や債券・外貨などを運用していきます。
ここで狙うのは、配当による利益です。例えば、3000万円で年5%の運用だと、年間150万円が手にはいる計算になります。
団塊世代 退職後の予定
2008年03月05日 (水) 06:08 | 編集
NPO法人として活躍される人も多いようです。今まで自分が行ってきた仕事のノウハウを生かし、て地域の講座講師としてデビューする方もいるそうです。
団塊世代の弾性は、退職後も継続して何らかの仕事に就く人が大多数です。
中には、田舎暮らしといわれる、地方のニュータウンでゆっくりと過ごす人もいますが、このような人は、現役中にかなり稼いだ人でないと、老後の生活に不安が残ります。
もう、60歳で定年といわれる時代じゃないのですが、企業としてはコストがかかる管理職をリストラしたい思惑があり、なかなか社会が認めない傾向にあるようです。
団塊世代のイメージ
2007年11月30日 (金) 23:50 | 編集
団塊世代の方々は戦後何もなくなった時代からの「ものづくり」を中心に発達してきました。
第二次産業(鉱業、建設業、製造業 )をもっとも得意として日本を支えてきた時代です。(第一次産業は農業、林業、漁業をいい、近年こそ外国依存度が高くなり下がってきています。)
団塊世代の創業者は、仕事に人生を費やしている世代で、並みならぬ努力をしているようで、頭が下がる思いです。
企業(会社)とは、創業者(社長)がトップとして、専務・部長・課長以下とピラミッド構造になっています。
団塊世代の方々はそのピラミッド構造の上の方に位置している人が多く、今では楽な管理職の方も少なくはありません。
団塊世代はあと数年で年金生活に移行しますが、現在は65歳からの年金です。早期退職による退職金割り増しといい、年金といい、全て団塊世代に有利になっているとも言えます。
団塊世代の資産運用について
2007年11月29日 (木) 23:49 | 編集
銀行や郵便局に資産運用の相談をして、株式や外貨、債券を勧める職員がいるかもしれませんが、きっちり吟味して選ぶことが重要です。
おすすめするままに投資して、結局赤字になっていたら、意味がありませんから。
例えば、投資信託は、運用が成功しても失敗しても、規定の手数料は証券会社に入るようになっています。
銀行や証券会社は確実に儲かるわけですから、投資信託をおすすめするかもしれませんからね。
団塊世代の退職金の使い道
2007年11月28日 (水) 00:11 | 編集
団塊世代の方々がまとまったお金を手に入れ、何に使うのか迷うところです。
長い老後に備えて、ただただ資金を眠らせている人も多いかもしれません。
団塊世代の方々年金額が今の若い世代に比べれば、少ないといえど充実していると思います。
マイホームのローン返済、家のリフォーム、自動車、豪華海外旅行などの出費でも使ってしまうかもしれません。
資産運用の相談を銀行や郵便局にしている方も多くいると思います。
団塊世代に向けたビジネス
2007年11月27日 (火) 00:11 | 編集
団塊世代は定年で多額の退職金を手にします。
学歴や会社規模等ありますが、2000万円から3000万円の間くらいが平均です。
まとまったお金を利用して、住宅のローンを全て返済する人もいますが、それではもったいないです。
まとまったお金を運用するのが、一番の得策です。
運用の手段としては、株式や外貨、債券などの投資運用があります。
また、現役の経験を生かして、個人で設ける仕組みを作れるならば、会社を設立して起業することも有効です。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。